探偵業とは

探偵とは、依頼を受けて物事の調査を行い、または対策をすることで、報酬を得る仕事のことを言います。
すぐに思い浮かぶのは小説などで登場する名探偵と、その名探偵が華麗に難事件を解決する姿ではないでしょうか?

現実と架空のギャップが激しいのが探偵業という仕事です。

この探偵業、探偵になるためにはどうすればいいのか?といった質問などをネット上などで多数目にすることがあります。
質問に対しての回答として多いのは、「探偵事務所へ就職する」、「探偵と名乗ればいい」といった回答を目にします。

これだけでは、どうやって探偵になることが出来るのか、または専門の知識や技術、免許が必要になるのではないか?と疑問に思うかもしれませんが、日本で探偵になろうと考えると極端な話、この2つしか方法はありません。

探偵になるためには特別な訓練を必要とすると考えていた人も、特別な訓練をせず、雇用先の探偵事務所または興信所で働き、一定の技術を身につけることが出来れば独立して自分の探偵事務所を持ち、そこから探偵だと名乗ることが出来ますし、探偵事務所や興信所に雇用されるのではなく、自分は探偵だと名乗れば、明日からでも探偵になることは可能です。

ただ、探偵になるためには、法律で定められた規定と手順を踏む必要があるので、正確に言うと「今日から俺は探偵だ」と言って、探偵業務を始めるといったことは出来ません。

日本では、探偵業法を呼ばれる法律があり、探偵になるためにはこの法律で定められた届出が必要になります。そして、自動車の免許のようなものは探偵業には存在せず、あるとするなら営業許可証といったものが1つ渡されるだけです。

これだけ聞くと、「簡単に探偵になることが出来るじゃないか」と思ったでしょう。

しかし、簡単に探偵業を初めることが出来たとしても、自分の経営する事務所が上手くいくとは限りません。

依頼を受けて、その依頼を完遂してこそ、報酬を得る仕事ですから、探偵を続けていくためには、いり依頼を達成するための技術力が必要になります。

そこで、訓練が必要になるのです。

訓練と一言でいいますが、何をどう訓練すればいいのかは、まったく想像することが出来ない人も多いと思います。

探偵に必要とされている調査技術は、尾行調査、張り込み調査、聞き込み調査などそれぞれの調査で必要とされるものを技術として身につけておかないと出来ない専門的なものばかりです。

ここでは、探偵になるため、訓練に関する項目とそれに関係する探偵事務所、興信所の雇用について紹介をしていきたいと思います。

メニュー

Copyright© 2014 探偵調査力の必要性とはAll Rights Reserved.